磁器と陶器の違いは一体何?電子レンジやオーブンの使用はできる?

公開日: 


file9261313599376
食器として使われるうつわは、様々な素材でできています。
陶磁器や、木製品、ガラスやプラスチックなどなど。
皆さんも複数の素材のものを用途によって使い分けていると思います。
そんな中でも私たちに馴染みの深いものが陶磁器ですね。
さらに細かく見てみると、磁器と陶器で分けられます。ちなみにこの陶磁器は「やきもの」と呼ばれることも多いです。
ところでこの磁器と陶器の違いにはどんなものがあるんでしょうか?
電子レンジやオーブンの使用ができるのかどうか、見ていきましょう!

スポンサーリンク

磁器と陶器の違いは何?

file2171313599369

磁器と陶器の違いを知るために、それぞれの特徴を見ていこうと思います。

磁器の特徴

磁器の原料は、。岩石を砕いた粉を粘土と混ぜて形成。これを約1300℃の高温で焼き上げます。

表面の肌理が細かく、ツルツルとした肌触り。水を通しにくいので、色やシミが付きにくいです。

たたくと、「キーン」と高い音が鳴り、陶器よりも硬くて耐久性があります。

陶器の特徴

陶器の原料はです。陶土といわれる粘土を形成してつくられています。800~1200℃の温度で焼き上げられ、表面は目が粗いのが特徴的。

このままでは吸水性がありますが、釉薬を施してあるので水が通りにくくなっています。

たたくと、鈍く「コンコン」と響きます。

磁器と陶器の決定的な違い

磁器と陶器の一番の違いは、原材料なんですね。

この原材料の違いが、それぞれの味わい、吸水性、硬さや叩いたときの音の違いにつながってくるわけです。

また見た目の違いでいうと、磁器は洋食器、陶器は和食器に多いです。

それぞれを想像するとわかりやすいですね。洋食器は白色のツルツルした品のある食器を思い浮かべます。

和食器と言われたら、優しい手触りの温かい食器なイメージがしますね。

スポンサーリンク

電子レンジやオーブンの使用はできる?

file000855219298
磁器と陶器は電子レンジの使用はできるのでしょうか?
たまに「電子レンジのご使用は控えて下さい」とある食器がありますよね。
基本的に、磁器は電子レンジの使用は可能です。しかし陶器は磁器よりも強度がないため、ひびが入ってしまう可能性が。
一度では壊れなくても、繰り返しレンジ使用することで痛みも早くなります。
さらに、金や銀の色が付いたものは陶磁器ともに電子レンジの使用はNG。
電子レンジ使用OKのものであれば大丈夫ですが、そうでないものは避けた方が良さそうです。
オーブンの使用は、なるべく耐熱用の厚いものを使うようにしましょう。
また、急激な温度変化に弱いので、オーブンから取り出して熱いうちに水に浸けたり濡れタオルを当てることはやめましょう。

いかがでしたか?
磁器と陶器、ぱっと見たかんじではあまり違いがなさそうですけど、触ったり音を出したりすると明らかに違うみたいです。
家にある食器はどうなんだろう?
ちょっと調べてきます!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑